『きらめき3H運動』実施中!

お知らせ

現在、きらめき3H(トリプル エイチ)運動が実施されています。これは高齢歩行者等の安全確保を目的としているもので、3つのH、

・早(はや)めのライト点灯

・反(はん)射材の着用

・歩(ほ)行者保護

を重点に交通事故防止を図っています。

 

早めのライト点灯

自動車のヘッドライトは自らの視認性を確保するだけでなく、他の交通に自分の存在を知らせるという意味も持っています。夕暮れどきは早めの点灯をお願いします。

 

反射材の着用

夕暮れ時や夜間になると歩行者は大変見落とされやすくなります。外出時(ウォーキングやランニングも含む)には反射材を身に付け、自分の存在をわかりやすくしましょう。

 

歩行者保護

横断歩道は歩行者優先です。車は横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいるときは『必ず一時停止』をしなければなりません、見落とさない様に注意して下さい。

 

夕暮れ時は、一日の中でも歩行者が死亡する交通事故が多発している危険な時間帯です。ドライバーの皆さん、歩行者に対する思いやりを忘れずにハンドルを握ってくださいね!